アダストリアの古着は売れる?売れない?

アダストリアの古着は売れる?売れない?

こんにちは(^^)

 

今回は、Twitterで反響があったこちらの話題についてお話しします!

リサイクルショップのノーブランドコーナーに必ずと言っていいほど、アダストリア社の古着ありますねww

イオンモールに入ってるブランドが多いので、全体的にチープなイメージが強いです。

しかし、その中でもブランド力があれば、ちゃんと利益が出るものもあります。

個人的主観ですが、解説したいと思います!

 

 

売れるブランド①:ニコアンド

出典:アダストリア公式サイト

ターゲットは25〜35歳の男女、プライスゾーンはロアモデレートです。

若い学生よりは、主婦層に人気がある印象です。

最近ではツモリチサトとコラボした事で話題になりました。

小松菜奈と菅田将生をアンバサダーに起用しているので、アダストリアの中では、ニコアンドが一番人気かつブランド力が強いと思ってます。

出典:cinra.net

 

ニコアンドは、元々は「トリニティーアーツ」という会社のブランドでしたので、古着の洗濯タグには昔の会社名のものも、まだ多く混在しています。

そして、レディース だけではなく、メンズも売れます。

メルカリでは弱いかもしれませんが、ヤフオクだと3000円前後で売れた実績があります。

 

売れるブランド②:ハレ

出典:アダストリア公式サイト

ターゲットは20〜30歳の男女、プライスゾーンはミドルモデレートです。

イオンモールには無く、ショッピングビルや商店街などの路面店がほとんどです。

 

レディース よりもメンズアイテムが多く、メルカリでもメンズがよく売れてます。

ファッションYouTuberのげんじがオススメしているブランドである事も、人気の秘訣なのでしょうかw

出典:wear.jp

 

売れるブランド③:バンヤードストーム

出典:アダストリア公式サイト

ターゲットは30〜40歳の女性、プライスゾーンはミドルモデレートです。

こちらもイオンモールには無く、都心の百貨店やショッピングセンターがほとんどです。

 

年齢層が高くなると、安っぽい商品がぐんと少なくなるので、しっかり利益が取れるものが多くなります。

 

売れるブランド④:ジーナシス

出典:アダストリア公式サイト

ターゲットは20歳代の女性、プライスゾーンはミドルモデレートです。

奇抜なデザインやカラー使いが特徴的なブランドです。

 

個人的には、高く売れるというよりは、早く売れる印象がありますw

 

売れないブランドの特徴

売れないブランドの特徴として

・イオンモールのようなショッピングセンターにしか入ってない

・プライズゾーンがファストファッションレベル

・ターゲットが若い

というのが主です。

 

代表例として、ローリーズファームやレイジブルーは高校生や大学生が着てたりするので、チープな印象が強いです。

グローバルワークはイオンモールに必ずと言っていいほどあるし、価格がユニクロに少し毛が生えたぐらいのレベルですよね。

 

ただし、ジーナシスのようにターゲットが若くてもブランド力が強いと売れるものもあるので、これが一概ではありません。

 

まとめ

アダストリアの古着は、高利益で売れるものはあまりありませんが、2000円前後の利益が取れるものはたくさんあります。

ただ、少しでも利益は多くしたいので、マイルールとして、セカストで500円では買わず、ブックオフの210円コーナーでは仕入れるように工夫しています。

あとはセールで半額であれば仕入れたりといった感じです。

 

お手頃なブランドであっても、古着でも欲しい人はいます。

いろいろ売ってみると面白いので、是非やってみて下さい♪




最後までお読みいただきありがとうございます☆
ランキングに参加しています!
少しでも共感いただけたら”ポチっ”と応援してもらえると嬉しいです♪

女性・お小遣い稼ぎランキング