ビットコインって実はすごい通貨なんです

ビットコインって実はすごい通貨なんです

こんにちは(^^)

 

最近、友達にビットコインについて詳しく教えてもらう機会がありました。

ビットコインといえば、2年前に億り人が誕生したりと話題になりましたが、価格変動が激しかったり、仮想通貨の流出があったりと怖いイメージが強かったです。

しかし、仮想通貨の知識をきちんと得たら、実はめっちゃすごい通貨なんだという事が分かったので、今回は仮想通貨の話をします。

 

 

ビットコインとブロックチェーン

ビットコインはサトシ・ナカモトと名乗る人物によって投稿された論文に基づき、2009年に運用が開始されました。

数ある仮想通貨の中でも、ビットコインだけは運営元がなく、プログラムによって自動発行されている通貨です。

世の中にあるビットコインは2100万BTCまでと上限が決まっており、これは世の中にある金の数(21万トン)に基づいているそうです。

現在は1800万BTCまで発行されています。

 

ビットコインの取引は、仲介者なしでユーザー間で直接行うことができます。

日本円の場合、銀行を利用しないと他のユーザーに送金する事ができませんよね。

最近になってLINEペイやPayPayが登場してユーザー間で送金できるようにはなったけど。

取引はブロックチェーンと呼ばれる分散型台帳に記録していきます。

よく言葉は耳にしてましたが、最初は全然意味を理解できませんでした。

一般的なサーバー(集中管理型システム)と、ブロックチェーン(分散型台帳)の違いをまとめた図がこちらです。

一般的なサーバーの場合、負荷がかかり、メンテナンスを必要とし、人件費などたくさん負担がかかります。

ブロックチェーンの場合、負荷は分散され、メンテナンス不要、人件費なども不要なので負担がかかりません。

ビットコインは運営元がいない為、誰から誰に送金したか取引の記録をする人が必要です。

その記録する作業のことを「マイニング」と呼びます。

マイニングは大手企業や国が参加をしており、一番最初に作業が完了し新しいブロックを生成すると、報酬としてビットコインがもらえます。

 

ビットコインの利便性

ビットコインがどれだけ便利なものなのか、現金と比較しました。

BTC 現金
送金速度 5〜10秒くらい 長くて一週間
手数料 ほぼ無料 3〜5%
確実性 △〜○
偽造 不可 可能

これだけで見ても、ビットコインは便利だというのは分かりますよね。

でも、日本人がまだまだ現金主義なのは、仮想通貨の知識が全然なかったり、国全体のインフラがまだ整っていなかったりすることが原因なのです。

 

日本での現状

実は、2016年に日本では「仮想通貨法」という法律が成立しています。

そして、仮想通貨は「暗号資産」と呼ばれ、日本でも資産価値が認められています。

法律が決まると、大手企業がどんどん参入し、楽天が楽天ウォレットのサービスを始めたり、アマゾンやビッグカメラなどで支払いができるようになりました。

来年2020年は東京オリンピックがあるので、それまでにもっと仮想通貨のインフラを整え、利用できる企業が増えると見込んでいます。

 

2018年にジャパンブロックチェーンカンファレンスにSBIホールディングスの北尾社長が登壇した際、仮装通貨産業は2000兆円になると話されたそうです。

世の中には17.6京円というお金が存在し、その中にさまざまな産業があります。

仮想通貨産業は現在30兆円ですが、他の産業から1%ずつ流れてきた場合、何倍にも膨れ上がる可能性は十分あります。

仮想通貨を持つ人が増えると…時価総額が高くなり、価値が上がります!

 

ビットコインは価格変動が激しいが大丈夫か?

ビットコインは2016年に1BTC=10万円でしたが、その後2万円になり、2017年には200万円まで上昇しました。

この時に億り人がたくさん誕生しました。

しかし、みんな売ってしまい一気に130万円まで暴落、そして2018年には40万円までさらに暴落。

2019年になって90万円まで上昇しました。

これだけだと価格変動が激しいので、なんか怖いですよね(^^;)

 

しかし、長期で見ると、底値は上がっています。

知識ある人は安いタイミングで購入し、長期保有(ガチホ)をすれば資産価値は必ず上がります。

これは一般的な投資も一緒です。

短期トレードで稼ぐのはプロトレーダーやAIじゃないとなかなか勝てないので、ガチホで資産を作っていきましょう。

 

ビットコインの半減期

ビットコインには半減期が仕組みとして定められています。

なぜ半減期があるのかというと、運営元がいない為インフレやデフレに対するコントロールができないからです。

2009年は1回の発行が50BTC、2012年に半減期を迎えて25BTC、2016年に12.5BTCとなっています。

おそらく2020年ごろに次の半減期を迎え、6.75BTCとなります。

半減期を迎えるごとに、ビットコインの価格が上昇する傾向がありますので、今2019年にビットコインを手に入れておくと、資産価値が高くなる可能性があります!

 

海外では、アメリカではCMが放送されていたり、ニュージーランドで給与決済でビットコインが使われたり、ロシアでは国がマイニング事業に参加したりしています。

数年前までは悪いニュースが多くイメージが良くなかったですが、今は良いニュースが増えて利用者も増えています。

未来の資産を形成していく上で、ビットコインはこれからとても重要になりそうです。

まだまだ勉強中なので、もっとビットコインについて多くの知識を持ち、取り扱っていけるようになりたいです(^^)

 

ビットコインについて学ぶならこれ




最後までお読みいただきありがとうございます☆
ランキングに参加しています!
少しでも共感いただけたら”ポチっ”と応援してもらえると嬉しいです♪

女性・お小遣い稼ぎランキング