メルカリの販売価格のナゾ

メルカリの販売価格のナゾ

こんにちは(^^)

 

メルカリを見ていると、たまに不思議な値段設定をしているものを見かけませんか?

例えば、2,999円とか、3,333円とか。

今回はそんなメルカリ の販売価格のナゾについてお話しします。

 

2,999円のナゾ

店舗でもよく1,980円で値付けされた商品を見かけませんか?

20円出せば2,000円なのですが、2,000円と1,980円だと、安い方を選びますよね。

その心理で、3,000円で出品するより、2,999円で出品した方が安く感じるので、購入率が高くなります。

しかも、どちらも手数料10%差し引いても、販売利益が2700円になるのです!

これだと、2,999円の出品が購入者も出品者もどちらもお得です♪

 

3,333円のナゾ

なぜ中途半端な価格を設定するかナゾですよね。

実は、こちらも手数料を引くと分かります!

販売利益が3,000円とキリの良い数字になるので、出品者が売上を管理しやすくなります。

 

9,999,999円や1,234,567円のナゾ

たまに超高額な価格の商品ページを発見します。

これは何を表すかというと、絶対に購入されないようにする為の設定です。

よくあるのが、取引商品の確認用写真の追加分の掲載です。

メルカリの出品ページは写真が4枚までしか掲載できないので、それ以外に確認したい場合に、新規出品ページに追加の写真を掲載し、超高額な価格を設定されます。

その他は在庫切れ、専用ページ(取り置き)などが多く、とにかく誤って購入されないようにする為の方法です。

 

まとめ

人間の心理や、手数料の仕組みが分かれば、価格設定するのが楽しくなります。

メルカリは独自ルールが多く、価格についてもルールがあったりするので、まずはひとつひとつ理解していきましょう。




最後までお読みいただきありがとうございます☆
ランキングに参加しています!
少しでも共感いただけたら”ポチっ”と応援してもらえると嬉しいです♪

女性・お小遣い稼ぎランキング