MacBook Proの電源が入らなくなった…復旧までの道のり

MacBook Proの電源が入らなくなった…復旧までの道のり

こんにちは(^^)

 

先日、急にMacBook Proの電源が入らなくなったという事態に陥ってしまいました(^^;)

前日までは問題なく起動していたのに…。

しかも、3年も使っていない状態。

内部部品の故障なんて考えられないですよね。

 

そんな事で、結果としては復旧することができたのですが、その間どうしたかという道のりを時系列でお伝えしたいと思います。

私の周りでもMacBook使っている方多いと思うので、同じ事が起きた場合に参考になればと思います!

 

 

インターネットで調べた事

まずはネットでググりますよね。

「MacBook 電源入らない」等で検索をしたところ、Apple公式のページもあれば、どなたかのブログの記事も見つかります。

どれを見ても同じような事が記載されていましたので、何をすればいいかお伝えします。

 

今回は電源ボタンを押しても何も反応が無いパターン。

充電ケーブルを繋ぐと、通常はオレンジのランプがくっきり点灯しますが、うっすらグリーンのランプが点灯しているような感じでした。

パソコン本体に不具合があると思ったので、次の方法を試しました。

 

SMCのリセット

SMCとはシステム管理コントローラのことで、電源ボタンを入れた時の反応の管理、バッテリー管理などを行なってます。

リセットをすることで直る可能性があります。

手順ですが、電源が落ちている状態で[shift]+[control]+[option]を同時に押しながら電源ボタンを押し、10秒以上続けます。

全てのキーを放した後、電源が入るかどうか。

 

NVRAM・PRAMのリセット

NVPAM(またはPRAM)は音量が画像解像度などの設定情報を記憶しておくメモリです。

リセットをすることで直る可能性があります。

手順ですが、電源が落ちている状態で[option]+[command]+[P]+[R}を同時に押し、20秒以上続けます。

全てのキーを放した後、電源が入るかどうか。

 

結果、ダメでした。。

 

Appleサポートに電話相談

電源が入らなくなった翌日に、Appleサポートに電話しました。

事前に予約する事ができ、指定した時間(10分ほどズレはありましたが)にかかってきます。

オペレーターに状況を説明し、対応方法を教えてもらいます。

ネットで調べたリセット方法を含め、いろいろ試してみましたが、全然ダメでした。

結果、修理ですねとという流れに…。

ちなみに、修理代は水没でない場合は一律53000円かかります。

奨学金返済したばかりやのに、お金キツイわと思ってしまう。。

けど直らないと困るので、翌日Apple Storeに持ち込む予約を取ってもらいました。

 

Genius Barで対応

Apple Store心斎橋の2階に修理の対応窓口(Genius Bar)があります。

対応してくれたのは若いお姉さん。

Apple Storeのスタッフって格好も派手だし、生き生きしてる感じが好きですねw

パソコンの後ろのカバーを外して放電して直るパターンがあるという事で試していただきました。

すると…

 

ついに、電源が入りました!!!!!

 

良かったです。。

お姉さんに感謝!!

困ったらApple Storeに持ち込むのが一番解決が早いと確信。

 

まとめ

不具合に気づいたら、迅速に対応しましょう。

ネットで調べて分かる事もあるけど、専門的な知識に弱いと全然分からないので、その場合は素直にAppleサポートにまず電話するのがいいと思います。

 

電源入らなくなって一番困った事は、大事なデータのバックアップを取っていなかった事。

本当に大事なデータはiCloud Driveに保存していたので良かったですが、今までにTSUTAYAでレンタルしてインストールした数多くの音楽、PDF化する前の資料などが消えてしまうのはキツイと思ってました。

今回はデータが消える事もなかったので良かったですが、いつドラブルが発生するか分からないので、外付けHDDにバックアップしておこうと思います。

わたしのことカテゴリの最新記事