薄利でも損切りが大事!

薄利でも損切りが大事!

こんにちは(^^)

 

今回はせどりビジネスにおいての考え方についてお話しします。

 

最近のTwitterのトレンドにもなってましたが

利益1000円は損切りみたいなもん

 

古着せどりであれば、確かにその通りかもしれません。

1着売れたら利益2000円以上が通常の設定なので。

ただ、中国輸入とか他のせどりだと利益1000円が通常なので、まぁ悪くないといったところ。

ヘルビになると利益500円でもすごいしねww

 

薄利という事について、商売を回すには必要なものだと思ってます。

薄利=ネガティブではありません。

在庫を考えると、積極的に損切りする事はむしろ大事です。

専業の方なら分かっていると思いますが、副業になるとその辺の考えが甘い方が多いので。。

 

損切りのメリット

もう売れそうにないと思った商品を値下げして早く捌く事で、不良在庫を減らす事ができます。

在庫が多い事は悪くないですが、回転を早める事でどんどん新しい商品を追加する事ができます。

あと、早く捌く事で資金繰りもよくなります。

 

損切りする際の注意

一番はマイナス利益にしない事ですねw

ちなみに、私は過去に数着程度マイナス利益になった事があります。

フリマアプリは値下げ交渉されると厄介なので、ヤフオクで出品するようにしています。

 

薄利はイケてないのか?

薄利であっても、その分数多く売ればいいんです!

薄利少売はテンション上がらないですが、多売であれば大丈夫。

フリマアプリのユーザー層は、いかに安く商品を購入するかという方が多いので、高い商品ばかりを出品するよりは、安い商品をたくさん出品する方が、結果的に売れます。

あと、薄利多売するなら、中古よりは新品の方が出品効率が良いのでオススメです。

写真や説明文使い回しできるし、新品の方が回転率も高いです。

 

まとめ

積極的に損切りする事で、商売の効率がアップします!

せどり歴10年の年商1億円プレーヤーでさえ、仕入れに失敗する事はあります。

失敗したものは長期的に抱えていても何も得はしないので、さっさと手放して新しいものにいきましょう。

 

私も薄利と損切りのオンパレードですが、そうやって経験を積みながらも毎月成長できています(^^)

少しでもせどりビジネスの考え方をお小遣い稼ぎ感覚から事業感覚にする事で、ぐんと結果は出ます!

ノウハウも大事ですが、その前に考え方をしっかり学びましょう!

思考・メンタルカテゴリの最新記事